• ホーム
  • カロリーコントロールしても痩せないのは何故?

カロリーコントロールしても痩せないのは何故?

人間にとって食事はとても大切なものです。
その為、カロリーコントロールしながらのダイエットは正しい方法で行わないと努力が無駄になるだけでなく、健康にも悪影響を与える可能性があります。
カロリーコントロールをした食事をしながらも、痩せないのには理由がある筈です。
まずは、ダイエットを妨げている原因を探してみましょう。

知らず知らずのうちに炭水化物を摂り過ぎている場合、糖質の摂り過ぎにも繋がり脂肪増加の原因になります。
炭水化物に含まれる糖質は、カロリーコントロールする上で避けるべき成分です。
おかずを少なめにして、ご飯やパンでお腹を満たそうとする方法では逆効果になってしまいますので注意しましょう。

余り知られていないかもしれませんが、栄養不足も痩せない原因になります。
カロリーダイエットでは摂取すべき栄養と摂取を控えた方が良い栄養があります。
その辺りをしっかりと把握しながらバランスの良い食事を摂るようにする事が大事です。
好き嫌いなど偏った食事はダイエットの大敵です。

カロリーコントロールでは正しく栄養を摂る事が鍵になります。
特に酵素やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素は、脂肪燃焼する働きをしてくれます。
これらの栄養が不足してしまうと基礎代謝が悪くなり、体重が落ちない停滞期を迎えてしまう事にも成りかねません。
また、便秘になりやすくお腹が出る原因にもなります。

ご飯やお肉などの固形物を食べずにスープなど、噛まずにお腹を満たす食事も、痩せない原因になる場合があります。
胃や腸は活動しないと衰退してしまう為、消化器系の働きを悪くします。
栄養の吸収も落ちてしまい、体の基礎代謝の活動も低下してしまいます。

痩せないからと食事を抜く方法はお勧めできません。
空腹時間が長く続くと、人の体は次の食事でたくさんの栄養を吸収しようとします。
すると、血糖値が急上昇するほか、肝臓に貯蔵しきれなかった糖が脂肪となり蓄積されていくと言う負の連鎖が生じます。
これらの事を実践していたのであれば、改善する事で効果が出始めてくるかもしれません。

効果的なカロリー制限ダイエットの方法

最近ではカロリーの低い料理や飲み物も人気がありますが、人間は食べ物から栄養をエネルギーに変えて生活していますので、カロリーのない食べ物を食べても、体を動かすエネルギーを作り出す事は出来ません。
上手にダイエットを行うのであればカロリーコントロールを行いながら、リバウンドしない体質を作り上げる事が大切です。

実はカロリー制限ダイエットは減量効果が見えやすいダイエット方法でもあります。
ただ、食べ物を減らす方法ですと、やがて大きなストレスが生まれてしまいます。
結果、過食にはしってしまいリバウンドを起こす原因にも繋がります。
無理をせず上手にカロリー制限する方法を試してみましょう。

カロリー制限を行いながらの運動は効果的です。
決してハードな運動は必要ありません。
ウォーキングやエクササイズなどは体への負担が少なく脂肪燃焼する働きもあります。
室内で行う運動では、踏み台昇降が効果的です。
手軽に行えるほか、消費カロリーも高めな運動です。

逆にハードな運動を行いながらカロリー制限を実行したい場合は、筋肉の元となるタンパク質が足りていないと筋力アップには繋がりません。
ある程度カロリーを摂るようにして行うと良いでしょう。
負荷のかかる運動を行う場合でも1日に摂取するカロリーは2000キロカロリーを超えないようにしましょう。

カロリー制限をしていても、甘いものを我慢しなければならない訳ではありません。
1日のトータルを見てカロリーオーバーしない程度に留めておけば大丈夫です。
万が一、食べ過ぎてしまった場合は、食事の方でカロリーを抑えるように工夫しましょう。

カロリー制限ダイエットは早く効果を出そうとすると、逆に栄養不足や健康を損ねたりする場合もあります。
リバウンドしない為にも正しい知識を身に付け、長期間かけて結果を出す事を目標にしましょう。

関連記事